「就活応援」特集その2

平成26年度入社 社員座談会(2015.7.30開催)

H26入社 座談会-1 

H26入社 座談会-2

 

平成26年4月入社の社員に、入社から約1年を振り返って”仕事のやりがい”や”今後の目標”について語っていただきました。

 

◆参加メンバー

  • 総務部 資材課 横瀬昂司(よこせ こうじ)
  • 不動産部 古屋潤一(ふるや じゅんいち)
  • 富士桜部 小林大地(こばやし だいち)
  • 富士桜部 桑原一貴(くわばら かずき)
  • ふじてんリゾート部 中村奎太(なかむら けいた)
  • 経理部 熊谷夏帆(くまがい かほ)
  • 富士眺望の湯ゆらり 石川絵梨奈(いしかわ えりな)

 

“仕事のやりがい”は何ですか?

小林大地(富士桜)

小林大地(富士桜)

小林:メンバー様はもちろん、ビジター様をどうリピーターにしていくか、そうする為には”どうするべきか””どう対応するべきか”を考えることです。

熊谷:観光部門の日報処理を担当する中で、各部署日報処理の仕方が違うところがありますが、その点をクリアにしていきたいです。また経理の各部署をサポートする”縁の下の力持ち”的な存在にやりがいを感じます。

古屋:不動産の営業は枠にはまるようではまらない、ちゃんとしたルートがあるようでないものなので、現状を見極め、お客様にあった物件を提供し契約につながることがやりがいです。

石川:自分のサービスでお客様に喜んでもらえるのはもちろん、売店の担当になり新しいことにチャレンジしていく中で”どうすれば売り上げを伸ばすことができるか”といった部分を模索しながらやっていくことにやりがいを感じます。

桑原一貴(富士桜)

桑原一貴(富士桜)

桑原:2年目になり、様々な仕事を任されるようになってきた中で、指示を受けた仕事の期待を上回ることにやりがいを感じます。プラスαの部分を自分自身で考えながらやっていくことで先輩皆様の信頼を得ていきたいです。

中村:ふじてんでは夏と冬で違った仕事する中で、夏はグラススキーを楽しんでいる常連のお客様から”いいね”と言われることや最高のコンディションでお客様を迎えられるように準備することに達成感を感じます。冬はちびっこ愛ランドの担当として、外国人のお客様にジェスチャー等で言いたいことが伝わり”サンキュー”と言われると喜びを感じます。

横瀬:資材という部署は多くの業者さんとやり取りをするのでつながりができたことが良かったと思いました。その中で各部署にあった最適な提供・提案ができるように知識を高めていきたいです。

 

 

今後自分がどうありたいか・何を心がけていきたいですか?

熊谷夏帆(経理)

熊谷夏帆(経理)

小林:今は毎日何かしらのミスをして様々な方に迷惑をかけますが、ゴルフ場の仕事の流れを覚え「小林君に任しておけば大丈夫」と言われるようになりたいです。

熊谷:経理に異動して半年になりますが、今以上に専門用語等を覚え、自分でも勉強して、周りをフォローできるように、また、こちらから色々な提案もしていきたいと思います。

古屋:別荘を購入して頂いたお客様に、スキーやゴルフ等、富士観光開発グループ全体を利用して頂けるような提案ができればと思います。

石川:後輩ができたので信頼される先輩になり、ゆらり友の会会員様全員の顔を覚えて、みんなから信頼されるような人になりたいです。

石川絵梨奈(ゆらり)

石川絵梨奈(ゆらり)

桑原:今年、新入生や新しいアルバイトの人も入り、今は”桑原みたいになりたい”と思ってもらえるようになりたいと思います。最終的にはグリーンキーパーを目指しているのでどんな些細な小さいことでも確実に全て覚えたいと思っています。

中村:アルバイトの人とかによく”ボス”とか冗談を言われますが、いつかは本当に仕事ができるようになり、本来の意味でみんなをまとめるような存在になりたいです。

横瀬:まずは曖昧さを無くし、しっかり聞いて自分で答えられるようになりたいと思います。その上で挨拶やお礼など当たり前のことがしっかりでき、また、現場のことを考えた良い提案を出し、相手の立場に立って考えるようにしたいです。

 

横瀬昂司(資材)

横瀬昂司(資材)

中村奎太(ふじてん)

中村奎太(ふじてん)

古屋潤一(不動産)

古屋潤一(不動産)

H26入社 座談会-3

▲ページの先頭へ