富士桜高原麦酒「ブルワリーオブザイヤー2014&インターナショナルビアカップ2014」受賞!

公開日:2015年1月30日

富士桜高原麦酒「ブルワリーオブザイヤー2014&インターナショナルビアカップ2014」受賞!

 富士観光開発株式会社(本社:山梨県南都留郡富士河口湖町代表取締役社長志村和也)が製造販売する地ビール「富士桜高原麦酒」は、2014年9月15日、横浜市・大さんばしホールにて行われた【ブルワリー・オブ・ザ・イヤー2014】(主催:ブルワリー・オブ・ザ・イヤー選考委員会)の表彰式にて「ミドルスケール・ブルワリー」を受賞し、2011年の「ウェルタースケール・ブルワリー」受賞に次ぐ、2度目の【ブルワリー・オブ・ザ・イヤー】受賞の快挙を達成しました。
 【ブルワリー・オブ・ザ・イヤー】は、過去1年間において、品質、マーケティング活動、健全経営、地域貢献活動などにおいて業績を残した醸造所に与えられる賞であり、商品としてのビールではなく企業や醸造所に与えられるのが特徴です。
 2009年に1部門のみで始まり、翌2010年から「バンタムスケール・ブルワリー(60KLまで)」、「ウェルタースケール・ブルワリー(61~199KL)」、「ミドルスケール・ブルワリー(200~1299KL)」、「ヘビースケール・ブルワリー(1300KL以上)」の醸造規模別に4部門で表彰が行われます。

詳しくは「富士山ろくNEWS」2014年9月No4(PDF:486KB)をご覧下さい。

▲ページの先頭へ