富士観光開発 リクルートサイト -採用情報-
インタビュー(ふじざくらイン)-メイン画像-岡部
VOICE-インタビュー

人が交差する「ホテル」には、たくさんの喜びと発見がある。

ふじざくらイン
2017年入社
岡部 歩 Okabe Ayumi

パワーや面白さを秘めている
富士北麓で働きたいと思った。

インタビュー-vol01_ふじざくらイン006大学で「地域創生」のカリキュラムを専攻し、地元山梨や長野など地方にパワーや面白さを感じていたこともあり、大学の友人は東京へ就職先を求める人が多かったのですが、私は地方に焦点を当てて就職活動を始めました。

小さい頃から英語を学んできていたので、外国人と関わりのある仕事をしたいと考えていたところ、富士北麓地域には外国人観光客が本当に多く訪れていて、都心でなくても、それ以上に外国人と交流を図ることができ、さらにのどかな地でのびのびと仕事ができるのではないかと考え、富士北麓地域で就職活動をしました。その中で外国人観光客の誘致に積極的に取り組んでいる当社を知り、さらに新たに「ふじざくらイン」をつくるという話を聞いて、ぜひここで働きたいと思いました。


お客様からの要望は“ミッション”。
喜ぶ笑顔のために攻略に挑む。

フロントでの業務やお客様の送迎などの仕事を担当していますが、当ホテルは外国人のお客様がとても多いので、観光案内やタクシーの手配、特に夏は富士登山をされる方も多く、山小屋の予約をしてほしいなどの依頼もあり、コンシェルジュ的な業務がとても多くなっています。日常会話程度の英語を話せることを活かし、さまざまな外国人のお客様と接してきていますが、外国人のお客様は”日本人は高いサービスを提供してくれるものだ”と考えている方も多く、考えていた以上に高い語学力と対応力が求められ、毎日が勉強です。

「次の目的地のホテルを予約してほしい」「飛行機にこの荷物は載せられるか調べてほしい」など、想像の範疇を超えるご要望も多くあり、最初はどう対応すべきか悩みましたが、自分に課せられた“ミッション”だと考え、希望に添えるように最大限の努力をして応えています。今では“ミッション”を攻略してお客様の喜ぶ笑顔を見ることが、私の大きなやりがいになっています。



大切なのは寄り添うこと。
頼りになるスタッフでありたい。

インタビューvol1_岡部さんこの仕事で大切なのは、お客様に寄り添うことだと考えています。
私も旅が好きでよく日本各地に出掛けますが、旅先では旅行者の気持ちになって寄り添ってもらえることが何よりうれしいものです。

特に文化も考え方も異なる外国人旅行者は困ることもたくさんあると思います。そんな時に頼りになり、その方の気持ちを考えながらしっかりと寄り添えるスタッフでありたいと思っています。


お客様からの高い評価に感激。
もっと喜んでもらいたい。

“ミッション”を攻略できるようになってからは、お客様から「Awesome(最高!)」といううれしい言葉をいただくことも増え、予約サイトでも高い評価を得られています。またホテル独自のアンケートで私の名前を挙げて評価してくださるお客様もいらっしゃり、それを見た時は本当にうれしくて写真に撮ってしまったほどです。お客様にもっと喜んでもらえるように頑張ろうとあらためて思いました。

また先日は夏に問い合わせの多い富士山五合目について、自分の目で見て感じた情報も提供したいと思い、支配人の許可を得て実際に五合目を歩いてきました。そんな私の要望を聞き入れて柔軟に対応してくれる職場の姿勢もうれしく、さらにいい仕事をしていきたいと強く思いました。これからもお客様の立場に立った対応に取り組み、自分自身ももっと高めていきたいと思います。

 


これから就活を迎える皆さんへ、
先輩からメッセージ。

東京に就職したいという人が多いと思いますが、求めるもの全てが東京にあるとは限りません。選択肢の一つとして、地方も考えてみてください。僕はのどかな地でのびのびと働きながら外国人のお客様と交流し、多くの刺激や気付きをいただいています。自分を成長させる場として、地方で働くことは大きな意義があると思います。

 

富士観光開発-インタビュー-岡部03

 

 

新卒採用 エントリー
ページの先頭へ戻る
夢中になれる場所。富士観光開発(株) リクルートサイト