ニュースリリース News Release
サービス・商品 2021/10/01

世界遺産・富士山を正面から一望!富士山麓の日帰り温泉施設「富士眺望の湯ゆらり」が、お得な「ビジネスマン応援ワーケーションプラン」販売中!

つらい通勤ラッシュを逃れ、富士山麓という自然豊かな地で、心身の健康と生産性を両立してもらいたいと企画した「ビジネスマン応援ワーケーションプラン」。真正面に富士山を望む有料休憩室(3時間:5,400円)と入泉料(大人平日1,300円)、ワンドリンク(300円)がセットで、通常料金7,000円のところ2,500円オフの4,500円で利用できる、平日限定のお得なプランです。

 

ゴルフ、レジャー、不動産など幅広い事業を展開している富士観光開発株式会社(本社:山梨県南都留郡、代表取締役社長:志村和也)が運営する鳴沢村の日帰り温泉施設「富士眺望の湯ゆらり」は、2021年9月1日(水)より富士山を眺めながら仕事と温泉を楽しめる、「ビジネスマン応援ワーケーションプラン」(平日限定)の販売を開始いたしました。

 

▼ 富士眺望の湯ゆらり|公式サイト:https://www.fuji-yurari.jp/

 

今回リリースする本プランは、都会で働くビジネスマンに気軽にワーケーションを取り入れて欲しいと企画しました。「富士眺望の湯ゆらり」が位置するのは、日本が誇る名峰・富士山が眼前に広がる絶好のロケーション。非日常空間でリラックスしながら仕事をこなし、仕事の合間や前後に温泉で心身の疲れを癒すことができるプランです。

 

■通常料金7,000円が2,500円オフの4,500円に!

高速Wi-Fiも完備の本プランは、「富士眺望の湯ゆらり」の大人入泉料(1,300円)と富士山の眺望が素晴らしい有料休憩室(3時間5,400円)、ワンドリンク(300円)がセット。通常1名7,000円のところ、2,500円オフの4,500円と特別料金で利用できる、平日限定企画です。

見晴らしの良い3階にある有料休憩室は、高速Wi-Fiを完備しており、ストレスなくサクサク仕事を進めることができます。仕事の合間には、富士山をぼんやり眺めたり、温泉に浸かったりと、つらい通勤ラッシュや満員電車を逃れ、富士山麓という自然豊かな地で、心身の健康と生産性を両立することができる環境を提供します。

 

■仕事と休暇を同時に満喫できる「ワーケ―ション」を、雄大な富士山麓にて提供

新型コロナウイルス感染症の流行は、人々の働き方に多大な影響を与えました。多くの企業が、通勤による感染拡大予防のために、職場以外で仕事をする「テレワーク」を導入。また、新しいスタイルとして注目が集まっているのが「ワーケーション」です。ワーケーションとは、「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた言葉。観光地や地方などに赴き、リモートワークを行いながら、休暇気分も満喫できるのが特徴です。

対象施設名:
富士眺望の湯 ゆらり
住所:
〒401-0320 山梨県南都留郡鳴沢村8532-5
電話番号:
0555-85-3126
FAX番号:
0555-85-3136
URL:
https://www.fuji-yurari.jp/
Email:
yurari@fujikanko.co.jp
アクセス/備考:

お車でお越しの方

■ 新宿方面から【中央道経由】

  • 新宿方面から中央道、大月JCTを河口湖/山中湖方面に進む(所要時間 およそ90分)
  • 中央道 河口湖ICで降り、国道139号線を富士宮・本栖方面へ進む(所要時間 およそ10分)

電車でお越しの方

■ 新宿駅から

  • JR新宿駅より中央本線下り線に乗車。(所要時間 およそ60分)
  • JR大月駅で下車し、富士急行線に乗り換え河口湖駅で下車。(所要時間 およそ60分)
  • 河口湖駅より本栖湖方面行バス(20分) 富士緑の休暇村前下車(所要時間 およそ20分)

バスでお越しの方

■ 新宿(バスタ新宿)から

  • バスタ新宿より河口湖方面行きの高速バスに乗車。(所要時間 およそ1時間45分)
  • 富士急行線河口湖駅で下車し、河口湖駅より本栖湖方面行バス(20分) 富士緑の休暇村前下車(所要時間 およそ20分)

アクセス方法の詳細は、富士眺望の湯 ゆらりサイト内アクセスページをご確認くださいませ。

本件のお問い合わせ先

  • 富士観光開発株式会社 総務部広報課
  • 〒401-0396 山梨県南都留郡富士河口湖町船津 3633-1
  • 電話番号: 0555-72-1194 FAX番号: 0555-72-3402
  • URL: https://www.fujikanko.co.jp/
  • Emailアドレス: koho@fujikanko.co.jp
ページの先頭へ戻る